【座談会】プロダクションのデザイナーが仕事のために考えること

2018.01.11 thu

明けましておめでとうございます。本年もよろしくお願いいたします。

普段のリュウズデザインは、

ADとDの、ほぼ程度固定されたチーム体制で仕事をしています。

.

そこで今年度、普段接点の無いデザイナー同士の溝を埋めるべく行っているのが

・・・月に一度、1時間のお楽しみ、デザイナー会!・・・

.

交代制の担当が毎回仕事に関係することでテーマを決め、

そのテーマについて自由に意見を出し合うわりとざっくりとした会です。

最初はめんどくさがっていても、始まってしまえば

意外と楽しめてしまう軽さ具合が良いところだと思います!

また、個々には当然と思っても、集団になるとほころびも出やすくなるもの。

まあもろもろ再確認できるよう始まりました。

.

そんなデザイナー会が、気づけば折り返し地点にきていたので

なんとなくまとめておこうと思います。(4回分)

リュウズに少しでも興味のある方々に、なんとなく空気感が伝わったら幸いです。

↓ 以下まとめ ↓

コミュニケーション大事。ちなみにこの後、

トレース台→ポータブルのものを2台購入

機材の場所・使用方法→講習会を行う

など、会社のフォローアップもしています。

なるべく 快適に仕事したいですよね。

「意識してなかったけど言われてみればそうかも」ってかんじでした。

乳酸菌はだいじ。

.

.

こんな会社紹介、いかがでしたでしょうか。デザイナー会ではこんな感じのことをフランクに話したりしていますが、もちろん他の会議はもっと真面目なことも話しています。

みなさんもお仕事への取り組み方諸々、考えてみてくださいね〜。